FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い月が出た夜は

昨夜の月はとても明るかった。

照らされる街も

それが落とす影も美しかったな…

直視すると光のフレアがまつ毛にかかって

きれいな曲線のストリークを発するんだ。

いつもと違って見える景色にうれしくなった。



そんな夜は家に帰らないで

見晴らしの良いところに足を伸ばす。

行ってみたのは近くの土手。

視界が開け、気温が少し下がり

温い風も心地よかった。

適当なところへ腰掛けて

周りも時間も気にせず

ぼんやりとする。

体が土手の芝生に溶け込むような

目が開いてるんだけど閉じているような

とてもとても深い馴染み方をしたように思う。

これが今の僕にとって一番大切な時間なんだなぁ。

この世で一番おいしいコーヒーは

月夜の土手で飲む安い缶コーヒーかも。



結局、月がおぼろになるまでふんわりしていたら

午前2時になってしまった。

後ろ髪を引かれる素敵な空間だけども

立ち上がるときは

笑顔でいられる。

それだけ充実させてもらったんだ。



帰り道、

大きなイチョウの木の落とす影

そのてっぺんに立ってみた。

王様になった気分だ。

とても誇らしい

土手の王様。

僕の人生はこれで満足だ。

誰にも知られない

土手の王様。





にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。