FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連絡通路は光の架け橋

僕が小さい頃

いつも面倒を見てくれた

近所のおばさんに

よく連れて行ってもらった

デパートがあった。

一駅隣の駅前の

大きなデパートだ。

10階建てくらいの

二つのビルからなっていて、

本館は服、装飾品、家具なんかがメイン。

別館は本、雑貨類なんかをおいていた。



おばさんはいつも

僕を連れ立って本館に入っていった。

一階で香水とか化粧品を見て

エスカレーターで上がりながら

自分の婦人服や

旦那さんの肌着なんかを見て

家具フロアの隅にある喫茶店で

一休みするのがいつものコースだった。

そこで何度も御馳走になった

レモネードは今でも思い出せる。

おっきい氷がいっぱい入っていて

汗をかいたグラスに

厚紙のコースター。

ミントの葉っぱが浮いていて

いつも食べれず始末に困った。

すっぱくて甘くて

とてもおいしかった。



一休みした後は

おばさんは家具売り場で

ドレッサーを見て回る。

僕はここで許可をもらって

一人で他の場所に行くのを

毎度とてもたのしみにしてた。

他の場所に行くといっても

目的地はいつも別館の7階だった。

家具売り場のある本館7階は

別館への連絡通路があって

そこを通って別館の7階に行けるんだ。

なんだか薄暗い

家具売り場の端っこから見る

連絡通路の向こう側は

明るく光り輝いていて

はやる気持ちが

更に加速したのを強烈に覚えてる。

心臓の音と同じように

早歩きで光の中へ入っていった。

別館の7階には

地域で一番大きな

オモチャ売り場があった。

うちは事情があって

滅多にオモチャなんか

手にできなかった。

他の家をうらやましいと

思ってたけど

デパートにあるオモチャは

見るだけでも十分満足させてくれた。



連絡通路から売り場に入って

すぐ脇に乳児用玩具

その先が女の子用オモチャだった。

定期的にオモチャを

買ってもらえてたら

女の子のオモチャは

興味なかったかもしれない。

でも見て回る時は

女の子用も男の子用も

同じように魅力的で

輝いていた。

特に僕は

シルバニアファミリーを見るのが

大好きだった。

休日の昼下がり

たくさんの女の子たちに混じって

シルバニアコーナーで

陳列された小さい家具と

動物たちに釘付けになった。

その奥

ビーズやリリアンの棚を越えると

たたみ一畳くらいの

透明アクリルのケースの中に

プラレールとレゴの

ジオラマが組んであった。

僕はこの展示が大好きで

いつまででも見ていられた。

ケースの中で脱線したままになってた

プラレールの車両をどうするのか

すごく気になって頭にのこってる。

低学年向け玩具の向こうは

プラモデル売り場だ。

当時はSDのガンプラと

ミニ四駆の人気があって

とても活気があった。

本体も持ってない僕は

ずらっと並んだ

タミヤ、バンダイ公式の塗料を見て

こんなに集めるのはごく一部の

大金持ちだけだろうと思っていた。

売り場を壁沿いに歩くと

切手屋さんがあった。

記念切手や硬貨

古い紙幣や小判、寛永通宝が

ガラスケースに入っていた。

まだ江戸時代がファンタジーと

区別できていない頃だったので、

物語に出てくるアイテムが

展示してあると

とっても驚いた。

連絡口から一番奥まった

広いスペースを使って

任天堂のゲームショップがあった。

複数のモニターが新作ゲームの

デモを流している。

僕は原始人になったかのように

バカみたいに口を開け

ずーっとモニターと

ゲームのパッケージを

見て回った。



僕みたいな

オモチャを見ることを

楽しんでる子供にとって

オモチャ売り場を見るための時間は

常に少ない。

一時間もするとおばさんが

迎えに来てくれる。

いつもお世話になっている

大好きなおばさんだけど、

このときばかりは

無限にこないでくれと思ってた。

僕はオモチャ売り場で

ぐずった事はない。

まあ他の場所でもないけど

当時を思い出しても

良くやったと褒めてあげたい。

なんなら今のほうが

ぐずりそうだ。

手を繋いでもらい

デパ地下に行くため

暖色系のシックな照明の

家具売り場に戻る。

反対の手にはレゴやシルバニアの

カタログを握りながら。

ふと後ろを振り返ると

相変わらずまぶしく

輝く別館と喧騒

そして

それに照らされた光の架け橋が見えた。



そのデパートは

かなり原体験として

影響されてると思う。

僕は今や

レゴのお城にシルバニアの

家具と動物を並べて

悦に入ってるからね。

久しぶりにおばさんに

挨拶しに行こうかな。





にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしいです

こんばんは。
すてきな思い出を、こういう文章にして書けるというのが、すばらしいと思いました。
文学的で、落ち着きを感じます。

Re: すばらしいです

> あいさん

いつもお読みいただきありがとうございます。
とてももったいないお言葉に恐縮しますが
大変励みになります。
稚拙ですけど
書かせていただいているものに
リアクションいただけると
幸せな気持ちになります。
あいさん
重ね重ねありがとうございます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。